episode22〜アボイド・ノートについて学ぶ〜

music
スポンサーリンク

こんにちは!

講師:神田
講師:神田

いらっしゃい。

早速今日も音楽の勉強を進めていこう!

お願いします!

今日は何を教えてくれるんですか?

講師:神田
講師:神田

今日はアボイド・ノート(Avoid noteについて学んでいこう!

取扱注意⁉︎『アボイド・ノート』について学ぶ

スポンサーリンク

アボイド・ノートとは

アボイド・ノートって何ですか?

講師:神田
講師:神田

日本語で言うと『回避音』と言うんだけどね、使用するのにちょっと注意が必要な音なんだ!

名前からして避けた方が良さそうですもんね

講師:神田
講師:神田

そうだね!

でも何で避けないといけないんですか?

講師:神田
講師:神田

僕らが一般的に聴いている音楽には『コード進行があって、そのコード進行に合うようにメロディが作られている』のはわかるかな?

はい!

講師:神田
講師:神田

アボイド・ノートはその時のコードに合わない音なんだ!

だから多用すると音痴に聞こえたり、間違えてるのではと言うあらぬ疑いをかけられてしまうリスクがある。

それは使わない方が良いですね

講師:神田
講師:神田

ただ難しいのが、必ずしも使っていけない音ではないというところ。

上手に使えばメロディをコードトーンにスムーズにつなげることができる!

そうなんですね

いっそのこと使ってはいけないと言われた方が簡単なような気も

講師:神田
講師:神田

確かにこう言うのはセンスが問われるから難しいよね。

スポンサーリンク

アボイド・ノートの見つけ方について学ぶ

『アボイド・ノートに気を付けよう』と言うのはわかったんですけど、どの音がアボイド・ノートなんですか?

 
講師:神田
講師:神田

それが、面倒なことにそれぞれのコードによって変わってしまうんだ。

えっ

じゃあどうしたら良いんですか?

講師:神田
講師:神田

アボイド・ノートの見つけ方を教えてあげるから安心して!

難しいのは嫌です

講師:神田
講師:神田

そんなに難しくないよ。

次のルールを2つだけおさえたらOK!

ルール①:コードトーンの半音上の音はアボイド・ノート
ルール②:コードの役割がドミナントでないのに、コードトーンとトライトーンの関係になってしまう音はアボイド・ノート

どういうことですか?

講師:神田
講師:神田

これは一覧表で説明するから下の表を見てみて!

なるほど!

でもなんでこれらの音はアボイド・ノートになってしまうんですか?

講師:神田
講師:神田

まずルール①だけど、これはコードトーンと半音でぶつかってしまうからだね!

なるほど!

講師:神田
講師:神田

ルール②は少し難しいかもしれないんだけど、トニックとかサブドミナントとかコードの機能の話は覚えているかな?

はい!

講師:神田
講師:神田

不安定の役割を持つドミナントの特徴に、『コードトーンの3rd7thがトライトーンになる』というのがあるんだ。

そうでしたね

講師:神田
講師:神田

そしてこのルール②が適用される『IIm7』だけど、コードの機能はサブドミナントだね。

はい!

講師:神田
講師:神田

IIm7』の時にアボイドノートである13thの音を弾くことによって、m3rdとの間にトライトーンの関係が生まれる。

コードの機能はドミナントじゃなくてサブドミナントなのにだ!

あっ!

講師:神田
講師:神田

つまりIIm7の持つ機能『サブドミナント』に13thの音はマッチしない!

だから弾くのに注意が必要なアボイド・ノートになってしまうんだ。

なるほど、納得です!

講師:神田
講師:神田

この2つのルールだけ覚えたらアボイド・ノートの見つけ方はバッチリだ!

とはいえ実際にはそれぞれのコードに対して何番目の音がアボイド・ノートなのか覚えてしまった方が早いけどね。

たった7個だし、覚えられそうな気がします!

講師:神田
講師:神田

そうだね。じゃあ今回のレッスンはこれくらいにしておこう。

しっかり復讐して覚えてくるように!

わかりました!

スポンサーリンク

【著者プロフィール】

神田 淳
1988年生まれ。埼玉県秩父市出身
10歳よりギターを始め、高校卒業後、MI JAPAN GITを卒業

卒業後はプロギタリスト山口和也氏に師事
自身も生徒としてレッスンを受けながら、並行してサポート活動やレッスン活動を開始。

・twitterアカウント:https://twitter.com/atsushi_0209
・facebookアカウント:https://www.facebook.com/Atsushi0209
・Instagramアカウント:https://www.instagram.com/canda0209/
・Official Blog:https://atsushi-kanda.com/
・Youtubeチャンネル:http://www.youtube.com/c/AtsushiKanda-channel

『あなたの好きな曲で学ぶギター、音楽』をコンセプトにしたギタースクールを運営中
guitar school Facebookページ
https://www.facebook.com/ats.guitarschool/

月に1度、誰でも参加できるバンドサークルを主宰しています
全パート、初心者から上級者までメンバー募集中です。
お気軽にご参加ください!

主催バンドサークル
https://atsushi-kanda.com/session

music 音楽理論
スポンサーリンク
スポンサーリンク
atsushi_kandaをフォローする
スポンサーリンク
〜好きな曲をテキストに学ぶギタースクール〜 ギター講師 神田淳 Official Site

コメント

タイトルとURLをコピーしました