episode19〜セカンダリードミナントを学ぶ〜

音楽理論
スポンサーリンク

こんにちは!

講師:神田
講師:神田

いらっしゃい!

今日のレッスンは何ですか?

講師:神田
講師:神田

今回からは何回かに分けて、ダイアトニックコード以外のコードが出てくる場合について学んでいこう!

セカンダリードミナントについて学ぶ

ダイアトニックコード以外にもコードって出てくるんですか?

講師:神田
講師:神田

そうなんだ!

ダイアトニックコードだけで出来ている名曲もたくさんあるんだけど、ノンダイアトニックコードを使用することで音楽をより多彩にすることができる!

それは楽しみです!

講師:神田
講師:神田

ノンダイアトニックコードが出てくる手法は何個かあるんだけど、今回はその中からセカンダリードミナントを勉強しよう!

スポンサーリンク

セカンダリードミナントとは?

セカンダリードミナントって何ですか?

講師:神田
講師:神田

それをこれから説明していくんだけど、まずドミナントってどんな機能だったか覚えてるかな?

不安定な響きでトニックに進みたがるんでしたよね?

講師:神田
講師:神田

そのとおり!

例えばkeyCメジャーの場合だと、ドミナントの機能を持ったG7はトニックの機能を持つCに解決したがるんだったね?

はい!

講師:神田
講師:神田

ここで疑問なんだけど、じゃあ何でG7Cに進みたがるんだろう?

ドミナントの機能を持ってるからって言ったじゃないですか!

講師:神田
講師:神田

じゃあkeyC以外の場合、G7Cに進みたがらないのかな?

どのkeyでもG7はG7だし、CはCなのに不思議じゃない?

言われてみればそうですけど

講師:神田
講師:神田

質問を変えるね!

じゃあ何でG7が不安定な響きなのかは覚えてるかな?

ドミナントだからじゃないですか?

講師:神田
講師:神田

例えばkeyとかコード進行とか無視して、単純にG7のコードを単体で弾いてみて!

これだけでもここに止まりたくない不安定な響きしてるよね?

確かにそうですね💦

講師:神田
講師:神田

○7が不安定な響きになる理由を以前教えたんだけど、覚えてるかな?

教わりましたっけ

講師:神田
講師:神田

やっぱりか

トライトーンは覚えてるかな?

トライトーン?

講師:神田
講師:神田

トライトーンは増4度(Aug4th)もしくは減5度(dim5th)のインターバルの音程で、とても激しく濁る音程なんだ!

○7Maj3rdm7thの音程がこのトライトーンの関係になっているから、○7は不安定な響きになる!

そうでした!💡

講師:神田
講師:神田

そして今回もG7Cを例にするけれど、下の図のようにG7のトライトーンの音が半音、もしくは全音でCに解決するからスムーズに聞こえるんだ!

納得です!

講師:神田
講師:神田

ここではG7Cで紹介したけど、ここでのポイントは○7P4th上のコードに進みたがるという事!

どういうことですか?

講師:神田
講師:神田

例えばどのkeyでもC7P4th上のFに進みたがるし、A7であればP4th上のDに進みたがる!

はい

講師:神田
講師:神田

この特性を利用して、例えばkeyCメジャーの時にA7を配置してあげると、Ⅱm7にあたるDm7に進みたがるような流れを作ることができるんだ。

そうなんですね!

講師:神田
講師:神田

このA7のコードの事をセカンダリードミナントという。

なるほど💡

講師:神田
講師:神田

そしてこのセカンダリードミナントの解決先はⅡm7だけではなくて、Ⅲm7やⅣMaj7など他のダイアトニックコードに解決するコードでも使うことができる!

セカンダリードミナントを覚えただけで、一気に曲の中で使用できるコードの幅が広がったと思わないかな?

確かに倍くらい増えてます!

講師:神田
講師:神田

そしてこのセカンダリードミナントを使うと、マイナーkeyでもⅠm7に解決するⅤ7を配置することができる!

前回のドミナントマイナーはⅠm7に解決する力が弱いって話をしたけど、その問題を解決することもできるんだ!

セカンダリードミナントってすごいですね!

講師:神田
講師:神田

そうだね!

セカンダリードミナントはJ-POPを始め、ジャズなど複雑な音楽でもよく登場するテクニックだからしっかり身につけるように!

はい!

スポンサーリンク

ダイアトニックコードのアナライズについて

 

講師:神田
講師:神田

次にセカンダリードミナントのアナライズについて学ぼう!

アナライズ?💦

講師:神田
講師:神田

アナライズは分析という意味で、例えば曲のコード進行やフレーズを分析したりする時に使う言葉なんだ。

エイゴワカラナイ…

講師:神田
講師:神田

ちなみに何度も登場しているディグリーネームも、アナライズで使うことができる!

そうだったんですね!

講師:神田
講師:神田

そうなんだ!

そしてセカンダリードミナントのアナライズ方法は次のようになる。

分数

数学苦手です💧

講師:神田
講師:神田

分数といっても計算をするわけではないから安心して!

○の部分には解決先のコードのディグリーネームが入るんだ。

つまり解決先がⅡm7の場合は『Ⅱ/7

解決先がⅢm7の場合は『Ⅲ/7

といった感じだね!

なるほど💡

スポンサーリンク

まとめ

講師:神田
講師:神田

今回はノンダイアトニックコードの1回目として、セカンダリードミナントを勉強してきたけどどうだったかな?

難しいかなって思ったんですけど、考え方はシンプルなので、コツだけ掴んだら使えそうです。

講師:神田
講師:神田

そうだね!

理論的に考えると難しいけど、簡単に言うと解決したいコードに対するⅤ7を配置するってだけだからね。

あとは実際に使ってみてハマるハマらないの経験を積んでいけば、きっとすぐ使いこなせるようになるよ。

早く自分の曲で使ってみたいです!

講師:神田
講師:神田

ぜひ早速使ってみてほしい!

頑張ります!

スポンサーリンク

【著者プロフィール】

神田 淳
1988年生まれ。埼玉県秩父市出身
10歳よりギターを始め、高校卒業後、MI JAPAN GITを卒業

卒業後はプロギタリスト山口和也氏に師事
自身も生徒としてレッスンを受けながら、並行してサポート活動やレッスン活動を開始。

twitter アカウント:https://twitter.com/atsushi_0209
facebookアカウント:https://www.facebook.com/Atsushi0209
Instagramアカウント:https://www.instagram.com/canda0209/
Official Blog:https://atsushi-kanda.com/
Youtubeチャンネル:http://www.youtube.com/c/AtsushiKanda-channel

『あなたの好きな曲で学ぶギター、音楽』をコンセプトにしたギタースクールを運営中
guitar school Facebookページ
https://www.facebook.com/ats.guitarschool/

月に1度、誰でも参加できるバンドサークルを主宰しています
全パート、初心者から上級者までメンバー募集中です。
お気軽にご参加ください!

主催バンドサークル
https://atsushi-kanda.com/session

音楽理論
スポンサーリンク
スポンサーリンク
atsushi_kandaをフォローする
スポンサーリンク
〜好きな曲をテキストに学ぶギタースクール〜 ギター講師 神田淳 Official Site

コメント

タイトルとURLをコピーしました