名曲『遠くで汽笛を聞きながら』のIntroフレーズを分析してみる

スポンサーリンク

アリスの名曲『遠くで汽笛を聞きながら』を弾いてみました。

↓↓↓動画はこちら↓↓↓

遠くで汽笛を聞きながら EG弾いてみた【TAB譜あり】

譜面を作成しましたので、興味がある方はぜひ一度譜面を見ながら弾いてみてください!

そして今回から3回に分けて『イントロ』『ギターソロ』『アウトロ』を分析してみたいと思います。

 第1回目の今回は、イントロを考えてみます。

スポンサーリンク

【コード進行】

まずはコード進行を見ていきましょう。

今回のコード進行をアナライズするためにローマ数字(ディグリーネーム)に置き換えてみると

I-V-VIm-IIIm-Ⅳ-Ⅴ-Ⅰ

となります。

すべて曲のkeyのダイアトニックコードですね。

このコード進行について特に解説するようなポイントはないのですが、非常によくあるコード進行ですし、とても美しいコード進行なので、覚えておくときっと役にたつと思います。

スポンサーリンク

【フレーズ】

 次に使用されている音を見ていきましょう。

上の図は今回のフレーズで使用されているポジションを図にしてみました。

ほとんどがペンタトニックスケールの音で構成されています。

こうやって図にしてみると、4小節あるイントロの中で、ペンタトニックスケール以外の音はたった2つしか使われていないことがわかります。

 

ひとつは2弦7フレットのソ♭の音、もうひとつは1弦12フレットのミの音です。

それ以外はすべてこの曲のkeyであるD♭メジャーペンタトニックスケールだけで構成されています。
ではなぜその2つの音はそこに登場したのでしょうか?

 

まずソ♭の音ですが、曲のkeyであるD♭メジャースケールの音です。

なので比較的登場しやすい音だといえます。

さらに注目していただきたいのはその時のコードです。

ソ♭の音が強調されている3小節目前半のコードはG♭(ソ♭シ♭レ♭)、つまりバックで鳴っているコードのコードトーンを弾いているのです。

 

このように随所にしっかりコードトーンを取り入れることで、何気ないペンタトニックスケールのフレーズが、曲のコード進行に沿ったメロディアスなフレーズに早変わりします

最初のうちはペンタトニックスケールを弾きながらコードトーンを見つけるのが難しいのですが、例えば慣れるまでは「この小節のこのコードだけは絶対コードトーン弾く」という感じでポイントを絞るとやりやすいと思います。

 

次にミの音ですが、その時のバックに鳴っているコードA♭(ラ♭ドミ♭)です。

ミが登場する箇所を見てみると、ミ♭>ミ>ミ♭という音の流れになっています。

このミ♭の音ですが、実はA♭のコードトーンなのです。

このようにコードトーンから半音、もしくは全音動いて元のコードトーンに戻る音のことを補助音と言います。

つまりこのミの音は、A♭のコードトーンであるミ♭の補助音として登場しているのです。

そして補助音を使用するポイントですが、あまり長く弾いてしまうとミストーンに聞こえることがあります。

特に今回の補助音であるミの音は、その時のコードトーンの半音上の音になっており、また曲のキーであるD♭のダイアトニックスケールに出てこない音なので注意が必要です。

スポンサーリンク

【その他ポイント】

注目したいのはフレーズの入り方。
16分休符休んでからフレーズが始まっています。

1拍目オモテから弾き始めるのはとてもシンプルでわかりやすいのですが、場合によっては少し幼稚なイメージになってしまうこともあります。

そこで、このように意識して1拍目オモテを外してフレーズを始めることで、同じフレーズを弾いても洗練されたイメージになります。

 

特に今回は使用されている音のほとんどがペンタトニックスケールのシンプルなフレーズなので、リズムを少し意識して複雑にしてあげると、バランスが取れるかもしれませんね。

そして今回のポイントは何より歌いやすいペンタトニックスケールのフレーズながらも、コードの変わり目でしっかりコードトーンを捉えているところがこのフレーズの美しさの秘密だと思います。

スポンサーリンク

【演奏時のポイント】

テンポが遅く、シンプルなフレーズなので、ニュアンスが特に重要になってきます。

チョーキングをするときは、いつもより若干ゆっくり音を持ち上げるように意識することで、この曲の雰囲気に合う感じで演奏することができました。

【著者プロフィール】

神田 淳

10歳よりギターを始め、高校卒業後、MI JAPAN GITを卒業

卒業後はプロギタリスト山口和也氏に師事

自身も生徒としてレッスンを受けながら、並行してサポート活動やレッスン活動を開始。

twitter アカウント:https://twitter.com/atsushi_0209

facebookアカウント:https://www.facebook.com/Atsushi0209

Instagramアカウント:https://www.instagram.com/canda0209/

『あなたの好きな曲で学ぶギター、音楽』をコンセプトにしたギタースクールを運営中

guitar school Facebookページ

ギター講師:神田 淳
ギター講師:神田 淳、埼玉県 所沢市 - 「いいね!」8件 - 埼玉県所沢市を拠点としたギタースクール 出張レッスン、個人レッスン、グループレッスンなど対応いたします レッスン料 4500円/1h(スタジオ代込み)

月に1度、誰でも参加できるバンドサークルを主宰しています

全パート、初心者から上級者までメンバー募集中です。

お気軽にご参加ください!

主催バンドサークル

主催バンドサークル【JAM for beginners】のご紹介
【次回開催日】日時:2019/09/01(日)時間:12:00-15:00場所:池袋の音楽スタジオ【課題曲】調整中初心者歓迎バンドサークル【JAM for beginnersとは】毎月1度開催しているバンドサークルです。セッ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました