episode12〜ギターでコードを弾いてみよう(4和音編)〜

ギター
スポンサーリンク
主人公
主人公

こんにちは!

講師:神田
講師:神田

いらっしゃい、調子はどうかな?

主人公
主人公

もうトライアドはバッチリです!

何でもこいですよ!

講師:神田
講師:神田

すばらしい💡

じゃあ今日は4和音のコードを弾いてみよう!

ギターで実践!
コード(4和音)をギターで弾いてみよう!

講師:神田
講師:神田

じゃあ早速4和音をギターで弾いてみよう!

主人公
主人公

はい!

講師:神田
講師:神田

前回のトライアドを基に4和音のコードを考えていくんだけど、ひとつポイントがある!

主人公
主人公

何ですか?

講師:神田
講師:神田

音楽理論的には4和音はトライアドの上にもう1音足して4和音にするよね?

主人公
主人公

そうですよね…

講師:神田
講師:神田

前回5つのコードフォームを覚えてもらったけど、どのコードフォームも1弦を使っていて、上に1音足すことができないよね?

主人公
主人公

確かにそうですね⁉︎

どうしたらいいんですか?

講師:神田
講師:神田

だからギターでコードを考えるときは上に音を足すのではなくて、今ある音を変化させることで様々なコードを考える(作る)ことができるんだ!

主人公
主人公

難しそう💦

講師:神田
講師:神田

ここまで勉強したことを理解できてたら大丈夫!

早速実際にやってみよう!

スポンサーリンク

インターバルを変化させて、4和音へ

◯Maj7を考える

講師:神田
講師:神田

じゃあ早速考えていこう!

主人公
主人公

はい!

講師:神田
講師:神田

まずはメジャー系のコードでやっていこうと思うんだけど、◯Maj7の構成音はわかるかな?

主人公
主人公

『Root-Maj3rd-P5th-Maj7th』です!

※各コードの構成音がわからない方はこちらをチェックお願いいたします!
講師:神田
講師:神田

そうだね!

じゃあ前回勉強したトライアド『Root-Maj3rd-P5th』の音をどういう風に変化させたら、Maj7thを入れられるか考えてみよう!

主人公
主人公

えっと…

講師:神田
講師:神田

大きく分けて2つあると思うんだけど

①P5thを2音上げてMaj7thにする

②Root(P8th)を半音下げてMaj7thにする

方法があるね!

主人公
主人公

なるほど!💡

講師:神田
講師:神田

ただし

①5thを2音上げる方法は4フレットも上げるということだから、押さえるフィンガリングを根本的に変えないといけない可能性が高い。

そう考えると

②のRoot(P8th)を半音下げてMaj7thにする方法の方が現実的かなとも思う!

主人公
主人公

確かにそうですね!

講師:神田
講師:神田

じゃあ早速前回覚えた5つのフォームでそれぞれ考えてみよう!

Cフォーム
Dフォーム
Eフォーム
Gフォーム
Aフォーム

◯7を考える

講師:神田
講師:神田

今度は◯7のコードを考えてみよう!

構成音はわかるかな?

主人公
主人公

『Root-Maj3rd-P5th-m7th』です!

講師:神田
講師:神田

その通り!

じゃあ『Root-Maj3rd-P5th』のトライアドからm7thを入れるにはどういう方法があるか考えてみよう!

主人公
主人公

①P5thを1音半上げてm7thにする

②Root(P8th)を1音下げてm7thにする

ですね💡

講師:神田
講師:神田

その通り!

早速コードフォームを考えてみよう!

Cフォーム
Dフォーム
Eフォーム
Gフォーム
Aフォーム

◯6thを考えてみる

講師:神田
講師:神田

次に◯6を考えてみよう!

まずは構成音を言ってみて!

主人公
主人公

『Root-Maj3rd-P5th-Maj6th』です

講師:神田
講師:神田

正解!

じゃあ早速『Root-Maj3rd-P5th』のトライアドを変化させて、Maj6thを加える方法を考えてみよう!

主人公
主人公

①P5thを1音上げる

②Root(P8th)を1音半下げる

のどちらかですね💡

講師:神田
講師:神田

そうだね!

じゃあさっそくコードフォームを考えてみよう!

Cフォーム
Dフォーム
Eフォーム
Aフォーム
スポンサーリンク

これだけの知識で4和音までのすべてのコードが押さえられます!

講師:神田
講師:神田

ここまでメジャートライアドの音を変化させて4和音にしてきたけど、大丈夫かな?

主人公
主人公

はい!

講師:神田
講師:神田

あとはこれの応用で、基にしているコードを変えるだけですべての4和音までのコードが押さえられるよ!

主人公
主人公

そうなんですか⁉︎

講師:神田
講師:神田

だってそうでしょ!

今はメジャートライアドを変化させたから◯Maj7とか◯7だったけど、同じことをマイナートライアドでやったら◯mMaj7だったり◯m7だったりも押さえられる

試しに◯m7でひとつ考えてみよう!

主人公
主人公

確かにそうですね!

講師:神田
講師:神田

ディミニッシュトライアドを変化させる時だけは

5thがdim5thだったり、dim7thという珍しいインターバルが出るから注意が必要だけど、そこだけ気をつけたらもう大丈夫!

色んな4和音のコードフォームを自分で考えてみよう!

主人公
主人公

やってみます!

スポンサーリンク

必ずしもすべての構成音を弾かなくてもいい⁉︎

講師:神田
講師:神田

コードを考えていく上で、もうひとつ覚えておいて欲しいことがある

主人公
主人公

何ですか?

講師:神田
講師:神田

それは必ずしも『コードの構成音をすべて弾かなければいけない』ということはないということ!

主人公
主人公

どういうことですか?

講師:神田
講師:神田

さっきも出てきたんだけど、このコードを見てみて!

○7のCフォーム
講師:神田
講師:神田

何か気づかないかな?

主人公
主人公

えっと…

講師:神田
講師:神田

このコードはCフォームの5thを1音半上げて◯7にしているんだけど…

主人公
主人公

講師:神田
講師:神田

5thをm7thに変化させるということは、もともとあった5thはどうなってるかな?

主人公
主人公

あっ💡

このコード5thがなくなってる⁉︎

講師:神田
講師:神田

その通り!

ギターという楽器は構造上、どうしてもコードの構成音をすべて弾くことができない場合が出てくるんだ!

主人公
主人公

どうしたらいいんですか?

講師:神田
講師:神田

そういう時はコードの構成音に優先順位を決めて、どの音を省略したらいいのか考える💡

主人公
主人公

どうやって優先順位を決めたらいいんですか?

講師:神田
講師:神田

これはもうセンスと場合による!

主人公
主人公

えぇっ⁉︎

講師:神田
講師:神田

結論はかっこよければ良いんだけど、音楽はアンサンブルで演奏することも多いよね?

主人公
主人公

そうですね…

講師:神田
講師:神田

その場合は他の楽器との兼ね合いもあるし、どの音を省略したらいいかは本当にその時と場合で変わるんだ!

主人公
主人公

そうなんですね…

講師:神田
講師:神田

例えばだけど

①アンサンブルにベースがいて、Rootを中心に弾いてくれていたらギターはRootを省略した方がいいかもしれない

②ギターひとりで演奏している場合なら、Rootは絶対弾かないといけないかもしれない

こんな感じで変わることはわかるよね?

主人公
主人公

それは納得です!

講師:神田
講師:神田

なのでどの音を省略したらいいかは、その時々でベストを考える!

主人公
主人公

難しい…

講師:神田
講師:神田

そこまでいうなら一般的な優先順位を教えるね💡

主人公
主人公

そんなのあるなら最初から教えてくださいよ!💦

講師:神田
講師:神田

あくまで目安だからその時の状況を優先して欲しいんだけど、一般的な省略の順番としては

①5th

②Root(バンドアンサンブル時)

③3rdと7thは基本的に省略しない

って感じかな💡

主人公
主人公

なるほど…

なんでそういう順番になるんですか?

講師:神田
講師:神田

まず3rdはそのコードがメジャーかマイナーかを決定づける重要な音だから省略しない!

主人公
主人公

はい…

講師:神田
講師:神田

コードネームにわざわざ7thをつけて4和音を指定しているんだから、7thは省略しない!

主人公
主人公

確かに💡

講師:神田
講師:神田

Rootはコードの基になっている音だから省略しないほうがいいんだけど、バンドアンサンブルの時はベースが弾いてくれると想定して省略できる場合もある!

主人公
主人公

なるほど💡

講師:神田
講師:神田

そう考えると5thを省略するのが一番影響が少なそうという結果になるよね!

主人公
主人公

納得です!

講師:神田
講師:神田

ただし、例えばロックの場合だとRoot+5thのパワーコード(厳密には2和音なのでコードではない)がかっこいい場合もある!

だからしつこいようだけど、あくまでも目安だと思っておいて欲しい!

主人公
主人公

承知しました!

講師:神田
講師:神田

ってことで今回はこれまで!
いろんな4和音のコードフォームを考えてみよう!

主人公
主人公

やってみます!

スポンサーリンク

【著者プロフィール】

神田 淳
1988年生まれ。埼玉県秩父市出身
10歳よりギターを始め、高校卒業後、MI JAPAN GITを卒業

卒業後はプロギタリスト山口和也氏に師事
自身も生徒としてレッスンを受けながら、並行してサポート活動やレッスン活動を開始。

twitter アカウント:https://twitter.com/atsushi_0209
facebookアカウント:https://www.facebook.com/Atsushi0209
Instagramアカウント:https://www.instagram.com/canda0209/
Official Blog:https://atsushi-kanda.com/
Youtubeチャンネル:http://www.youtube.com/c/AtsushiKanda-channel

『あなたの好きな曲で学ぶギター、音楽』をコンセプトにしたギタースクールを運営中
guitar school Facebookページ
https://www.facebook.com/ats.guitarschool/

月に1度、誰でも参加できるバンドサークルを主宰しています
全パート、初心者から上級者までメンバー募集中です。
お気軽にご参加ください!

主催バンドサークル
https://atsushi-kanda.com/session

ギター音楽理論
スポンサーリンク
スポンサーリンク
atsushi_kandaをフォローする
スポンサーリンク
〜好きな曲をテキストに学ぶギタースクール〜 ギター講師 神田淳 Official Site

コメント

タイトルとURLをコピーしました